カンボジアプティサストラ大学 新学期がスタート!

投稿日:2016年11月7日

カテゴリ:ブログ 客員講師プログラム 海外業務

こんにちは。デンリッシュアジアの山﨑です。

 

プティサストラ大学では、新学期がスタートいたしました。

カンボジアの大学は2学期制となっており、前期のスタートは10月中旬~11月初旬(大学によって違います)から2月末、後期は4月から7月末までとなっています。

大学へ入学するには高校三年生を卒業する時に受ける卒業試験をパスしなければ受験資格が与えられません。

2014年まではこの卒業テストは、クラスの約7割が平均30ドルを監督者に支払い不正に受けていたという結果もあり、これらを撲滅する為に政府が厳しく取り締まったところ約9万人の受験者のうち卒業資格が全体の25%にしか達せず、追試を行う事態となりました。

そして2016年の現在は受験者の約半分が大学進学へと進みました。

日本の大学はそれぞれの大学で受験を行いますが、カンボジアの歯科大へは受験者は全員保健省が実施するテストを受けパスすることが出来れば、希望の歯科大へ通う事が出来ます。 
プティサストラ大学ではフェイスブックや高校でのプロモーションとして私達のプロジェクトも他の大学にはないカリキュラムの一つとして取り上げて頂いています。

Denriche Asia Co., Ltd、では歯科医院の経営だけでなく、プティサストラ大学へ日本人歯科医師を送り込み、授業や歯科医院での直接の指導を行うプロジェクトを行っています。

2016年度に参加して頂いた先生方は総勢20名おり、これから年末に向けてカンボジアを訪問して頂きます。

今年は既に3名の先生が春先に来て頂き、カンボジアの大学の長い夏休みが終わった10月中旬から今回も新たに3名の先生に参加して頂きました。

HPブログ用2

また、歯科医院では峰先生が普段されているCRの治療を学生へ行っていただいたり、孤児院の子供達への治療なども行っていただいたりしました。

麻酔では持ち方や角度なども丁寧に教えて下さったり、患者様の治療方針を学生と話し合ったりして頂きました。

また、空いた時間を使ってプノンペンから車で約1時間の所にあるNGOジャパンハートがある病院を訪問しました。

多くの日本人医師と看護師がボランティアとして参加されています。

HPブログ用4

こちらに歯科はありませんが将来Denriche Asiaとしてコラボレーションが出来ればと思います。

また先月カンボジアのフンセン首相も参加されたサンライズジャパンホスピタルへも訪問致しました。

建物は日本の病院と何ら変わらないぐらいのハイクオリティーの病院の造りとなっていました。

一般受付から、入院、VIP対応まで可能と徹底した日本の医療を提供されており、私達も同じ日本人として大変刺激を受けました。

HPブログ用6 HPブログ用5

プティサストラ大学とのコラボレーションは引き続き年末までに

10名の日本人歯科医師達がカンボジアを訪れる予定です。

 

 

Pocket

■ 最近の記事を読む■