カンボジアの物価

投稿日:2015年3月19日

カテゴリ:カンボジア 物価

東南アジアの国だから日本より安いかな?と思われそうですが、日本と同じで安いものもあれば高いものもあります。特に首都プノンペンやアンコールワットで有名なシェムリアップは外国人も多く、現地の最低賃金は月額100ドルですので、現地の人々の月収では到底行けないレストランなどもあります。

 食費

屋台や現地の食堂のような場所はとてもリーズナブルで、1~2ドルで食事が出来ます。それ以外のローカルレストランですと、ピンキリで高級ローカルレストランは日本と変わらないぐらいの額になったりします。また日本食などのローカルレストラン以外のレストランは中華レストランを除いては日本とあまり変わらなかったりします。(もちろんピンキリですが・・・・・)

交通費

市内の移動は大抵トゥクトゥク又はバイクタクシーになると思います。これは値段交渉ですが、0.5ドル~になるかと。観光で訪れている場合はホテルのスタッフにいくらぐらいになるか確認してから交渉したほうがいいと思います。またはタクシーを使えば、メーター制なので安心ですが、稀に詐欺ドライバーがいますので、ご注意下さい。因みに、プノンペンの空港から市内まではタクシーで12ドルです。

宿泊費

これは完全にピンキリでバックパッカー向けのゲストハウスから5☆ホテルまで様々です。予算に合ったホテルは容易に選べるかと思います。私はいつもAgodaを使っています。

 

カンボジアの物価は年々上がっています。

国外投資も年々増え、5年後、10年後どうなっているのか国の成長を見るのは面白いですよね。

 

株式会社DENRICHE

太田

Pocket